本文へスキップ

人権擁護活動の推進及び人権尊重思想の普及高揚に寄与します

委員活動

【資料1】シナリオの一部抜粋

【SOSミニレタ−を読んだ人権擁護委員さんからの返事】
〜「自作シナリオによるうちわ劇」の取組〜

⇒人権擁護委員役の委員が朗読する。

山鹿太郎さん、お手紙ありがとう。

私は人権擁護委員の○○と言います。

勇気を出して手紙を書いてくれたのですね。いつも仲間外れにされているみたいで、辛いですね。また、見学旅行にもみんなと楽しく参加したいですよね。

太郎さんの手紙から、お友だちと楽しく過ごしたいという、心からのメッセ−ジが強く読み取れました。

そこで、これからの学校生活を安心して、楽しく過ごすためには、何もしないでいては、今までと同じなので、次の2つのことをやってみてはどうですか。

一つは、「思い切って自分の気持ちを友だちに話してみること」です。

友だちも太郎さんの本当の気持ちが分かると、誘ってくれるかもしれないですよ。

二つめは、「今の気持ちをお家の人や先生に話して相談してみること」です。そうしたら、うまく解決してくださると思います。

でも、どうしても家の人や先生に相談ができなくて、心配や不安が残るようだったら、またミニレタ−に書いて送ってください。私たちは、太郎さんが安心して楽しく学校生活が過ごせるようになるまで、応援していきますよ。

では、お元気でね。さようなら。



活動報告 本 文 啓発の実効性を高め、委員が達成感を味わえる人権教室
〜「自作シナリオによるうちわ劇」の取組〜

活動報告 資料1 シナリオの一部抜粋:「SOSミニレターを読んだ人権擁護委員さんからの返事」

活動報告 資料2 ステージ発表:人権教室実施計画書

活動報告 資料3 人権教室スナップ風景

活動報告 資料4 自作シナリオ:「一人ぼっちにしないで!」



copyright ©2013 Protection of human rights cooperation society all rights reserved.